注目キーワード
  1. 大学生
  2. ペット
  3. 家電
  4. 無職

不動産屋への就職を考えている。宅地建物取引士はあったほうがいい?

今は、昔と違って周りから見た不動産屋の印象もよくなってきた中で、不動産業に就職したいという方は年々増えてきました。

不動産業に就職するにあたって必ず必要なのか解説しましょう。

必ずしも必要ではない

結論からいうと、不動産会社に就職したいからとはいえ、宅地建物取引士の資格は必須ではなく、就職してから取得すればいい。という不動産会社が大半です。

ただし、採用情報、募集要項に宅地建物取引士が必須の資格となっている場合は当然必須となりますので、どうしてもその会社に就職したいなら念のため条件を確認してみましょう。

とはいえ、もちろんあるに越したことはない資格なので、あると有利になることは間違いないでしょう。

そもそも宅地建物取引士とは?

宅地建物取引士(通称:宅建士)は、宅地建物取引業に基づき定められている国家資格をもった専門家です。

不動産取引は、単価も大きく、きちんと取引を行おうとすると法律や知識が多く必要となります。
素人である購入者を保護するために宅建士が間に入り、知識や経験を提供することで、不当な契約を防ぐことが出来ます。

宅建士の資格を持つことで、不動産業界での職務やビジネスにおいて信頼性が高まり、法的なトラブルを避けるためにも役立ちます。

不動産の売買仲介

不動産の売買取引において、売主と買主を仲介し、契約の手続きをサポートします。また、不動産の評価や相場の調査も行います。

不動産の賃貸仲介

賃貸物件の仲介や契約書の作成、入居者とのトラブル解決など、賃貸取引に関するアドバイスやサポートを提供します。

不動産管理

不動産のオーナーに代わり、賃貸物件の管理や修繕、家賃の集金などを行います。

不動産コンサルティング

不動産に関する法律や規制、市場動向についてのアドバイスを提供し、クライアントの不動産投資に関する意思決定をサポートします。

宅建士の独占業務

そのほか、宅建士には独占業務があります。
土地や建物の売買や賃貸の取引時に必ず必要となるのが宅建士による重要事項説明です。

下記の独占業務は、資格をもった宅建士が行わないといけません。

重要事項説明

重要事項説明書への記名押印

契約書への記名押印

宅建士があれば有利になる就職先とは

もちろん国家資格である宅建士を持っていると、不動産以外にも有利になる業界があります。

不動産の取引が主な取引でなくとも

最新情報をチェックしよう!

不動産問題の解決ノート

所有の賃貸不動産が満室にならず悩んでいる方、不動産投資を考えている方は必見!ぜひ一緒に理想の満室経営を目指して取り組んでみましょう。
他、入居者目線での不動産のあれこれを掲載中!

原則リンクフリーです。リンクを行う場合の許可や連絡は必要ありません。
リンクの設定をされる際は、「不動産の問題解決ノート」へのリンクである旨を明示ください。