注目キーワード
  1. 大学生
  2. ペット
  3. 家電
  4. 無職

自分の部屋はゴミ屋敷?部屋が汚い!と思ったら読んでみて!

2ヶ月ゴミを捨ててない
実家に住んでた時と同じような状態になってるけど、これはゴミ屋敷?
足の踏み場もない!多分、ゴミ屋敷だろうな。処分代いくらだろうか。。

ゴミ屋敷の定義は様々です。
結論から言えば、1か月以上ゴミを捨てておらず、散らかってる程度であっても、俗に言うゴミ部屋です。
不用品をしまい込んでるのとはまた違います。

早めに自覚したのであればご自身で対処も可能です。
どうしようもないぐらいのゴミ屋敷であっても気合さえあればなんとかなるのもゴミ屋敷です!

自分で出来るなら自分でする、出来ないのであれば業者に依頼する、そもそもなぜゴミ部屋になってしまっているのかを考えて解決策を一緒に見ていきましょう。

ゴミ部屋(=汚部屋)、ゴミ屋敷の定義

ゴミ部屋(=汚部屋)またはゴミ屋敷とは、お部屋や敷地内に多量のゴミをため込み、害虫(ゴキブリ、ハエなど)や悪臭の発生、火災のリスクや通行人へ悪影響がある場合など管理が出来ていない状況のお部屋、屋敷のことを言います。

とはいえ、1ヶ月の間、ゴミを捨てることなく溜めてしまっている場合であっても立派なゴミ部屋と言えるでしょう。

飲みっぱなしの空き缶や食べたあとの総菜の入れ物などそのままにお部屋に捨てて(置いて)あるのが当たり前となり、そのような部屋にはゴミと一緒に小銭などもまばらに置かれていることも多いです。

さらにレベルがあがると足の踏み場もないほど、ゴミがたまります。

なぜゴミ部屋になる?

ゴミ部屋となる理由は様々ですが年齢関係なく男性、女性関係なく起こり得ます。

不動産屋の経験でいえば、比較的若い女性のほうゴミ部屋の確率が高かったと感じますね。

日々のストレスが原因であることが多い

人間、日々のストレスがたまりすぎると無気力となり、何も手がつけられなくなる状態になります。

まだ仕事に行けている、学校に行けているだけマシだと言えるでしょう。

無気力な状態になると、部屋が汚れていても気にならなくなり、掃除もする気が起きないのでそのままゴミが溜まり続けます。

そのような方はストレスの原因となっているものを洗い出し、一つ一つ解決していくようにしましょう。

2ヶ月に1度でも、気合を入れて片づけられることが出来ればまだ軽症です。

もったいなくて捨てられない、余計なものを買ってしまうなどの性格の問題

物を大切にすることは良いことですし、置いておけばいつかは使うと思って置いておきたいと思うこともあるでしょう。

余計なものを衝動買いしてしまう人は、安いからという理由でまとめ買いしてしまったり、何かの縁を感じたのか必要のないものまで買ってしまう傾向があります。

買わなくても捨てられているものを拾ってくるような収集癖がある方も同様です。

ゴミだらけの部屋に住む人は、使わないものや使えないものを勿体ないからという理由で捨てられず、物やゴミが増えていき、その結果、ゴミが部屋を占領していくことになります。

高齢による認知症などが原因

高齢による認知症であることも考えられます。
アルツハイマーなど時間の経過とともに症状が進行していく認知症では、つい最近まで出来たことが出来なくなっていきます。

ゴミ出しを忘れるぐらいならまだ可愛いものですが、掃除をしないといけないなと思っても次の瞬間に、掃除することを忘れるので一向に綺麗になることはありません。

認知症がひどくなると、ゴミ以外にも便や尿なども部屋にあったりするようになります。

ゴミ部屋、ゴミ屋敷に住んではいけない3つの理由

ゴミ部屋、ゴミ屋敷に住み続けてはいけないデメリットを解説します。

ゴミの放置による害虫の発生により、衛生面に影響し健康を害する可能性がある

冬場はまだマシですが、気温の上がる5月頃より害虫の発生が始まります。ゴキブリやハエはもちろん、ネズミやカラス(敷地内)、一部のエリアではハクビシンなども現れ、衛生的にとても悪い状態になります。

最新情報をチェックしよう!

不動産問題の解決ノート

所有の賃貸不動産が満室にならず悩んでいる方、不動産投資を考えている方は必見!ぜひ一緒に理想の満室経営を目指して取り組んでみましょう。
他、入居者目線での不動産のあれこれを掲載中!

原則リンクフリーです。リンクを行う場合の許可や連絡は必要ありません。
リンクの設定をされる際は、「不動産の問題解決ノート」へのリンクである旨を明示ください。