注目キーワード
  1. 大学生
  2. ペット
  3. 家電
  4. 無職

賃貸物件でたまに見るフリーレントとは?メリットとデメリットはある?

お部屋探しをする際、「フリーレント」という文字を見た事があると思います。このフリーレントは不動産以外で目にすることはありませんので、馴染みのない言葉かもしれません。

フリーレントとは、一定期間家賃が無料になるという仕組みのことです。

家賃が無料って事故物件!?なんて思う人もいるかもしれませんが、まったくそんなことはありませんし、むしろ事故物件でフリーレントなんて滅多にありません。

今回はそんなフリーレントを深堀していきます。

フリーレントとは

フリーレントとは入居後の一定期間、家賃が無料になる物件、もしくは契約のことを言います。
大多数は1か月ですが、テナントの工事期間中や大学合格後の住み替えまでの期間など交渉次第では2-3ヶ月出来ることもあります。

ただし、基本的には人気な物件でフリーレントが設定されることはほとんどありません
つまり、築年数の古い2DKや3DK、学生向け物件でいうと1Rなどが代表です。人気の1LDKや2LDKでフリーレントが設定されていることはほとんどないと頭に入れておきましょう。
なので、新築などではほぼありません。

また、フリーレント期間中だけ住むということは基本的には出来ず、その期間の定めはさておき、その後も住み続けることが前提です。

無料になるのは家賃だけとなり、共益費や水道代は対象外となる場合が多いのできちんと確認しておきましょう。

フリーレントと家賃交渉、どっちがお得?

家賃交渉をしたい方は一定数います。
経営戦略が出来ていない家主や、軽い不動産仲介業社は簡単に交渉出来てしまうこともありますが、家賃を下げることを嫌がる家主はたくさんいます。
家賃を下げるとその入居期間中、ずっと家賃を下げることになります。
家賃を下げるということは当然、家主は収入が減るわけで入ってくる家賃収入が減る=物件の価値が低下することを意味します。また家賃を下げると、それを知った同じ物件の他の入居者からも値下げ交渉が入る可能性もあります。

物件をいざ売ろうと思った場合、家賃が低くなっていると相対的に売り出し価格も低くなってしまうわけです。
経営戦略が出来ている家主は極力それを避けたいわけで、一時的に家賃の収入がなくても同じ家賃でその後入ってくれれば物件の価値は下がらないことになります。

次は、入居者目線で見てみましょう。

先ほど住み続ける必要があると述べましたが、基本的には1年や2年の間です。

家賃80000円の物件で3000円家賃交渉出来たとして、1年では36000円、2年では72000円の差です。
となると、難しい家賃交渉より、80000円フリーレント1か月のほうが借りる側としてもメリットのほうが大きくなります。

フリーレントのメリット

フリーレントが設定してあることで、他にもメリットがあります。

引越費用を回すことが出来る

新居に引っ越すための費用をフリーレント分まるまる充てることが出来ます。
基本的には、賃貸契約時の初期費用には下記の費用が必要となります。

1. 敷金
2. 礼金
3. 仲介手数料
4. 日割家賃
5. 前家賃
6. 家賃保証や火災保険料

これらを計算し足し合わせるとおおよそ賃料の5(田舎)~9ヶ月分(都市)が初期費用となります。フリーレントがあれば日割家賃、もしくは日割家賃+前家賃の初期費用負担がなくなるため、その分引越費用に回すことが出来ます。

旧居がある場合

旧居の賃料を支払いながら新居の家賃を支払う場合「二重家賃」といいます。なんらかの理由(例えば離婚で急遽引越となった場合)で旧居がある場合でも、新居がフリーレント期間中である場合は二重家賃は発生しません。その間に旧居の賃貸借契約を終わらせるようにしましょう。

フリーレント物件の探し方

スーモやホームズなど大手ポータルサイトでは検索条件でフリーレントを設定することで簡単に見つけることが出来ますが、不動産業社が所有している自社サイトではフリーレントの検索が出来ない場合も多いです。その場合は店頭にある物件概要、マイソクなどにフリーレント〇ヵ月!などの記載があったりしますし、店員さんに直接聞いてみるのも良いでしょう。

また、不動産会社に直接交渉して日割家賃を無しにしてもらうなどの方法もあります。家賃交渉は難しくてもフリーレントであれば比較的交渉に応じてくれやすいです。

とはいえ、フリーレント物件が多く出るのは空室が続きやすい閑散期(人の移動が少ない時期)に多くあります。長期間、空室であることを防ぐために1-3ヶ月フリーレント期間を設けて成約率をあげようとします。不動産業の繁忙期は進学や異動に合わせて2-3月、9月頃です。

 

最新情報をチェックしよう!

不動産問題の解決ノート

所有の賃貸不動産が満室にならず悩んでいる方、不動産投資を考えている方は必見!ぜひ一緒に理想の満室経営を目指して取り組んでみましょう。
他、入居者目線での不動産のあれこれを掲載中!

原則リンクフリーです。リンクを行う場合の許可や連絡は必要ありません。
リンクの設定をされる際は、「不動産の問題解決ノート」へのリンクである旨を明示ください。